ムチッと二の腕♪

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 22:36

体力が戻ったのでイソイソと娘のお着替えを致しました。

本当は長袖の方がドールのためには良いのでしょうが、やっぱりこの

ムチッとした可愛い二の腕が見たい夏なのでございます。

s-2017.7.19-2.jpg

お着替えついでにウサを抱かせてみる。

やけに気に入った様子だったので、ごめんね〜…と返して貰いました。

展示会終わったらジュデにも作ろう。(^^;)

心の打ち水♪

  • 2016.07.22 Friday
  • 23:48

毎日暑い日が続いています。

ここのところ冷茶ばかり飲んでいるので、また秋口に胃が弱りそうで怖いです。

そんな何かに頼って涼もうとする活動の一環がコレ、お着替えでございます。

s-2016.7.22-1.jpg

可愛いぷっくり二の腕が露出したワンピースは、はやり見るだけでも涼しい気分になります。

s-2016.7.22-4.jpg

ズラも濃い色から軽やかな金髪にチェンジして

汗をかかない娘に扇子を持たせる親心。(^^;)

も〜バカヤローと言ってくだすってけっこうでしてよ〜。

 

 

とにかくイロイロ、忘れた頃にやってくる・・・

  • 2016.02.02 Tuesday
  • 20:15
お正月は娘達に着物を着せようと、それぞれの子に少しずつ買いそろえております。
今年は忙しさに紛れ着物を着せるまもなくドタバタと過ぎてしまいましたが、
先日ふと、ステキな着物が目にとまりました。
正月は終わったがまだおひな祭りがあるじゃないか!
と言うことで、
今回お着物を着せたかった子はこの子。↓
s-2016.2.2-1.jpg
日本のビスクドール、モリムラです。
ドイツのマルセルかと思うほど健康的なお顔で、まつげも縦線ではなく
ちゃんと放射線状に描かれている美人さん。
日本の子だからこの子にはぜひとも着物をと思いつつ、我が家に来てから
もうけっこう年数が過ぎてしまっていました。
巡り会ったお着物はこの子にピッタリサイズで、それも市松用♪
着物の古布でドール用を作っているのはよく目にしますが、
市松に作られた着物は、ちゃんと振袖の柄行に染められているのです。
ヨシッ!とばかりにポチッとし、本日めでたく配達されて参りました。
着せてみたら、あら可愛い〜♪
s-2016.2.2-2.jpg
ちょっと丈は短めですが、それはおはしょりをなおせばいいことで、
その他は測ったようにピッタリでした。
いやもう丈もコレぐらいのほうが幼くて可愛いかもしれない。えへへ
相変わらずハァハァ…しながらのお着替えタイム。
そして写真。(笑)
手が空いたら帯は手持ちの金襴で作ってあげましょう。
ドールのお着替えというのは、何より萌える瞬間でございます。
あ〜っ楽しかった♪

欲しかったもの。

  • 2014.10.04 Saturday
  • 19:46
よくアンティークドールに丈の長いベビードレス(洗礼服)を着せているのをみかけます。
裾が椅子の下にたれて座らせているとなんとも可愛いのです。
レースが豪華なものもステキだし、コットンの素朴な感じも捨てがたい。
相変わらずなんとなーくいつものネットでショップの新着をのぞいておりましたら…
あっ、好きかも!!と琴線をつま弾くベビードレス発見。
s-2014.10.4-1.jpg
うちの子にはちょっとサイズが小さいかなと思うも、バランシェンヌレースもその他の刺繍も
すべて手作業だそうで、ああっも〜大好物♪
本日届いて「ささっ、着てご覧なさい」と至福のお着替えタイム。(^o^)
腕周りが少々パツンパツンなれど、その他はキレイに着ることが出来ました。
コチラはお店の写真をお借りしました。↓
s-20140930_eb0c8e.jpg
とろけますねぇ〜。気が遠くなる時間を費やした手仕事に、どうしてこんなに心がときめくのか。
不思議ですねと言いながら、心の真にしみるように理解できるきがします。
s-2014.10.4-3.jpg
作品を作るたびに使用するアンティークのレースは、ハサミを入れるたびに
よく残ってくれていたと感謝します。
そしてそれを使う責任を感じます。
ベビードレスを娘に着せハァハァ…しつつ写真を撮り、
ふふふ・・・と満足な顔してクローゼットのドアを閉めたのでしょうね、わ・た・し♪

あの頃の少女

  • 2013.05.14 Tuesday
  • 23:17
その昔『人形物語』という御本がありました。
内藤ルネさん監修で、異国のそれはそれは素敵なドールが沢山載っていました。
毎日本をひらいては「この子が良いなぁ〜♪でも、この子もすきだしなぁ〜」と夢を見ていました。
昔から一番好きなのはジュモーだったのですが、その本に載っていたアーモンド・マルセルが
とても印象に残っていました。
アンティークドール=フランス人形という感じですが、ドイツも可愛い子を作っていたメーカーが沢山ありました。
でも、私にはルネさんの本のマルセルがすり込まれていて、ドイツの子ならマルセル!その中でもあのマルセルに
近い優しいお顔の子!が理想のマルセルでした。
どうしても手に入れたいという欲望もなく「もし出会いがあればそのときは観念しよう」ぐらいな姿勢でしたが、
ふとした弾みで一人のマルセルちゃんがウチにやってまいりました。
s2013.05.14-1.jpg
s2013.05.14-2.jpg
あの頃憧れたマルセルよりも小さく、それに見あって表情も幼くおっとりとしています。
確かルネさんの本の子はブルーアイだったけど、この子は茶目でした。
可愛いと感じたらそれが私のお人形ですものね♪(笑)

さて、作業の方はただいまボネを作っております。

少し大きいサイズ、そしてムチャクチャガーリーです。
以前手に入れていたアンティーク帽子の飾りだった赤い木の実を使いたくてあれこれ試した結果、
いっそ思い切りガーリーにした方がしっくりきました。
このボネをかぷる候補が二人いて、凶悪顔のベアかおすましウサギか・・・。
きっと意外な感じで仕上がると思いますので楽しみに待っていてくださいませ。

出会い。

  • 2013.05.05 Sunday
  • 00:07
人にも物にも出会いがあります。
人同士だと互いに好きじゃないと関係が成立しないけど、人が物を好きになった場合は片思いで成立します。
でも人形は、「行くところを自分で選んでる」と言われます。
確かに、そんな感じがします。
私は人形のコレクターではないので特にそう感じるのかもしれません。
子供の頃から人形好きで、大学まで入学祝いはずっと人形だったりしました。
一番好きなのはアンティークのビスクドールでしたが、高価なうえに古い物に抵抗があり、手にすることはありませんでした。
アンティークというものは、自分の実家にあるもの(和骨董)しか免疫がなかったし、知らない人が持っていたものですし。
そのうえ、好きすぎていろんな本や写真集を見すぎて、欲しいと思う人形のハードルを自ら上げちゃってました。
月日は流れ、アンティークジュエリーから端を発し、西洋骨董を所有するという事に何ら抵抗がなくなったころから、
ふつふつ…とアンティークドールが欲しいという欲望が再燃いたしました。
でも、私にとってビスクドールが高嶺の花なのは今も昔も同じ事。(ハードル高いしし…)
まあ、死ぬまでに巡り会えればいいさ・・・と、そんな油断と隙に突如の出会がありました。
理想は「フランス旅行に行ってドールショップの片隅にひっそりと居た子と恋に落ちて連れて帰る!」でしたが
時はネット時代、あるドールショップさんのサイトに居ました。
(コレを出会い系サイトと呼ばずになんと呼ぶ!)
まさにノーガードでした、貯金を用意して欲しい人形を探し回っていた訳ではなく、
なんとなくネットを見て回っていたときに「あっ…」と目が釘付けになったのです。
何十年ぶりかの『恋に落ちる』感覚でした。
どうせ手が出ないし・・・といくら頭を振ってみても振り切れなかった彼女への想い。
気がつくと円高のご威光もあり、我が家の娘として嫁いでくれる事なったのでした。
今になって思うと、あれはあの子の方が私を選んだんだろうなと感じます。
世の中にはもっと綺麗でもっと価値のある人形は沢山いると思います。
でも「私の人形」はこの子だったようです。


コレクターではない、コレクターなんてそんな恐れ多い・・・ですが
友達によりと「この子も友達を欲しがるわよ」らしいです。
別の友達によると「ジュモーはジュモーを呼ぶ!」と言う説もあるそうな。
もう一度恋をさせてくれる出会いがあるのかないのかわかりませんが、幸せにしてくれる存在との出会いは
避けて通っちゃダメですよね。

シャーーッ!!

  • 2012.06.28 Thursday
  • 20:29
疲れたときはこれに限る!
ファイトーッ!!お着替えイッパーーツ!!
s-DSCF0312.jpg
と言うことで、娘の笑顔に癒されながら夏服へとお着替え致しました。
s-DSCF0299.jpg
ブラウンの瞳にブラウンのウイッグはとっても似合うのだけど、暑くなってくると金髪も軽やかで良いわけです。
大胆にぽっちゃりした二の腕を出して写真をパチリ♪
今日は見事合体作業を終えたネコちゃんを抱いて貰ってもう一度パチリ・・・。
s-DSCF0320.jpg
s-DSCF0319.jpg
急に近づいたので、シャーーッ!!されてしまいました。(笑)
ちっちゃいけれど目力のあるカワイイ子です。

お着替え。はぁはぁ・・・・♪

  • 2012.03.16 Friday
  • 13:51
春と言うことですが、寒いです。
この冬の間に冬っぽいドレスを娘に買ってやろうと思っていたのですが、なかなか欲しいデザインに巡り会わず今に至ります。
そんな冬も終わったこの時期に、オークションで毛皮の襟が出ていたのでポチッとしてしまいました。
白いドレスに黒い襟と黒いボンネット♪妄想・・・ああ…たまらん。_| ̄|○
ということで、届いてすぐにお着替えさせてみました。

可愛いです。メロメロ・・・
やっぱり何よりも癒されるのはこんな時間です♪
この椅子は私がいつもヌイヌイしているときに座っている椅子。
本当はアンティークが欲しかったのですが、使用頻度が高いし、ハサミを落としたりすかもしれないし・・・と思いアンティークデザインの現代物です。
いずれ傷だらけになって風格を増す予定。(^^;)

「ピンクのドレス欲しいワァ〜」私の心の声でしょうか?それとも娘の?

ドタバタと過ぎるお正月・・・・_| ̄|○

  • 2012.01.04 Wednesday
  • 23:37
昨日の3日、『乙女屋・乙女の和骨董』展へ作品を納品しに行って参りました。
開店と同時に来て下さっていたお客様と楽しい時間も過ごせ、今年も頑張らねば!と気持ちを新たにしてまいりました。
おかげさまで連れて行ったウサウサもすぐに新しいお家が決まり、嬉しそうに顔を洗っておりました。(笑)
ありがとうございます、どうぞ末永くよろしくお願いいたします。m(_ _)m
”乙女の和骨董”ステキな子達が居て、ハートがとろけそうなものが沢山あって、私もとろけたハートを少し
満たして帰ってきました。
年のはじめてお忙しいとは思いますが、心の潤いを求め、是非乙女屋さんのお正月展にお出かけ下さいませ♪

それと、下の『チキチキの手足』に登場したアライグマですが、大阪北堀江の『ART HOUSE』さんにお嫁にまいりました。
2月にある作品展で飾ってくださるそうです。
日にちがわかりましたらお知らせいたしますので、見に行ってやってくださいませ〜♪

三が日が終わり、今日はゆっくりできるかな???と思っていたのですが、実は今日も大阪に行っておりました。
お世話になってるツアーデスクの友達に毎年恒例の沖縄旅行を申し込みに行くのと、チョッとお買い物等々・・・。
さすが都会は凄い人出でございます。
チョッと疲れたので写真は明日ゆっくりと撮ろうと思います。
何の写真かと言いますと、3日の日にやっと娘に着物を着せたので、その写真でございます。
ハァハァ・・・言いつつも、ゆっくの眺め倒す時間もなく、携帯でざっくり撮った写真がこちらです。

ああ・・・・可愛い♪

毎年この子達に着物を着せると「ああ〜正月やわぁぁぁ〜♪」と、しみじみ感じます。←(それでええんか?)
明日はこの子達と一緒に、お抹茶とお菓子で少しだけゆっくりと流れる時間を過ごしたいと思います。

写真も撮るわよ〜!!!おーーーーーほほほほっ!!!(^^)!

こーたる、こーたるでぇ〜♪

  • 2010.11.27 Saturday
  • 18:52
人間には弱点がある。
「不敵な奥さん♪」と呼ばれる私にも、もちろん弱点はあるわけです。
一番弱いものは、ジュノーとジュジュベの笑顔。
似合いそうな服やバッグが売られていると、どうしても我慢できずに買ってしまいます。
「作れるでしょう?」とよく言われるのですが、ベアの服ならある程度いけても、ドールの服って
実はほとんど作ったことが無いんです…。
やれば出来るような気はするんですけど、なんかこう…やる気が燃え上がらないガンダム。
たぶん、ハートがオヤジだから。
「こーたる、こーたるでぇ〜♪」という貢いだ感が何より好き。
(今だかつて男に貢いだことは1回もないけど・・・)
で、先日ネットでポチッとしていた服が届いたので、さっそく着せてみました。

可愛い〜っ!♪幸せ〜ッ♪
そんなに立派なドレスじゃないけど、こんな感覚を何度も味わいたくて何着も買ってしまいます。

癒されるわぁ〜♪
満足そうな笑顔に見つめられながら、
さっ、たまったお仕事片付けよ!(^^)/

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

書き込み内容へのお願い。

人間は人間以外のものを環境と言いますが、人間にとって人間の存在が一番環境なのだと思います。 自分の気が済んで物事が解決することはほとんどありませんので、くれぐれも、人を変えようとする発言だけはなさらないで下さい。

テディベアとは?

テディベアって、コレがテディベアです!という明確な基準がありません。 なのに、テディベアはだれもが知ってる言葉になっています。 私もテディベア作家と言われておりますが、最近はウサギやタヌキばかり作ってたりして。 何かいい呼び方は無いものでしょうか?

しばらくの間、展示会等をお休みいたします。

両親が高齢になったため、しばらくの間、まとまって作品を発表する事をお休みいたします。 1点のみ出品の作品展などには出させていただくことがあります。 オーダーは、お日にちに余裕をいただける場合にはお受けさせていただいておりますので、お気軽におたずねくださいませ。 誠に勝手ではございますが、事情お酌み取りのうえ気長におつきあい下さ居ましたら幸いです。

ジュディーの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM