あの頃の少女

  • 2013.05.14 Tuesday
  • 23:17
その昔『人形物語』という御本がありました。
内藤ルネさん監修で、異国のそれはそれは素敵なドールが沢山載っていました。
毎日本をひらいては「この子が良いなぁ〜♪でも、この子もすきだしなぁ〜」と夢を見ていました。
昔から一番好きなのはジュモーだったのですが、その本に載っていたアーモンド・マルセルが
とても印象に残っていました。
アンティークドール=フランス人形という感じですが、ドイツも可愛い子を作っていたメーカーが沢山ありました。
でも、私にはルネさんの本のマルセルがすり込まれていて、ドイツの子ならマルセル!その中でもあのマルセルに
近い優しいお顔の子!が理想のマルセルでした。
どうしても手に入れたいという欲望もなく「もし出会いがあればそのときは観念しよう」ぐらいな姿勢でしたが、
ふとした弾みで一人のマルセルちゃんがウチにやってまいりました。
s2013.05.14-1.jpg
s2013.05.14-2.jpg
あの頃憧れたマルセルよりも小さく、それに見あって表情も幼くおっとりとしています。
確かルネさんの本の子はブルーアイだったけど、この子は茶目でした。
可愛いと感じたらそれが私のお人形ですものね♪(笑)

さて、作業の方はただいまボネを作っております。

少し大きいサイズ、そしてムチャクチャガーリーです。
以前手に入れていたアンティーク帽子の飾りだった赤い木の実を使いたくてあれこれ試した結果、
いっそ思い切りガーリーにした方がしっくりきました。
このボネをかぷる候補が二人いて、凶悪顔のベアかおすましウサギか・・・。
きっと意外な感じで仕上がると思いますので楽しみに待っていてくださいませ。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

書き込み内容へのお願い。

人間は人間以外のものを環境と言いますが、人間にとって人間の存在が一番環境なのだと思います。 自分の気が済んで物事が解決することはほとんどありませんので、くれぐれも、人を変えようとする発言だけはなさらないで下さい。

テディベアとは?

テディベアって、コレがテディベアです!という明確な基準がありません。 なのに、テディベアはだれもが知ってる言葉になっています。 私もテディベア作家と言われておりますが、最近はウサギやタヌキばかり作ってたりして。 何かいい呼び方は無いものでしょうか?

しばらくの間、展示会等をお休みいたします。

両親が高齢になったため、しばらくの間、まとまって作品を発表する事をお休みいたします。 1点のみ出品の作品展などには出させていただくことがあります。 オーダーは、お日にちに余裕をいただける場合にはお受けさせていただいておりますので、お気軽におたずねくださいませ。 誠に勝手ではございますが、事情お酌み取りのうえ気長におつきあい下さ居ましたら幸いです。

ジュディーの本棚

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM